太陽光発電、蓄電池、HEMSなら新潟市の和光

トップページ

有限会社和光

お問い合せ

ZEH

Zero Energy House

  • ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

    いま、政府が進めているのは「ZEH(ゼッチ)」の普及です。年間のエネルギー消費量の収支がゼロ以下になる住宅を目指しています。つまり、エネルギーを自宅で創る、貯める、省エネで使う時代になるのです。また、2030年にはゼロ・エネルギー・ハウスが新築の基準となります。

  • Zero Energy House

    家庭で消費されるエネルギー量は増加傾向にあり、省エネルギー対策の強化が求められています。地球温暖化対策のためのCO2削減と同時に、エネルギー問題の解決に向けて、政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。例えば、電力の小売り自由化もその1つです。また家庭部門へのスマートメーター本格的設置開始やHEMSの普及も進めています。
    そしてすべての新築住宅の「2013年改正省エネ基準」の義務化に向けた環境づくりが行われます。省エネルギー基準は、これまで住宅の気密性・断熱性の向上を基本としてきましたが、従来の「外皮の熱性能」のみの基準から、2013年「一次エネルギー消費量」を指標とした建物全体の省エネルギー性能を評価する基準に改正されました。2020年には、新築に「2013年改正省エネ基準」が原則義務化される予定です。

    ZEH

  • これからの住宅対策目標

    住宅建設のための資材の採取や製造・施工から居住、解体・廃棄までの一生涯のCO2収支をマイナスにする住宅(LCCM住宅)を最終目標に、低炭素住宅を進めていきます。

    ZEH

    高い断熱性能に、さまざまな省エネ設備を組み合わせることで消費エネルギーを減らし、さらに太陽光発電システムやエネファームなどでエネルギーを創って蓄電池に蓄え、その電気を随時使うことができます。住宅にかかる消費エネルギーと同等のエネルギーを創ることによって、住宅にかかるエネルギーをネット(正味)ベースでゼロ以下にするのがゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)です。

    ZEH

    これからの新築は、ZEH抜きでは考えられません。エネルギーを自宅で創る太陽光発電システム、エネルギーを貯める蓄電池、省エネ型の電化製品、そしてそれらのエネルギーを見える化にするHEMSは必需品となります。当社はZEHに関しましても、地域のハウスメーカー様と協力し、エコでお得なエネルギーの使い方について、ご提案させていただきます。

ページ上部への矢印